« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

ゴールデンウィークの営業

ゴールデンウィークの営業状況は、通常の暦通り、土、日、月、営業になります。
このような連休の場合、恐ろしく忙しいか、その逆のパターンか。。。全くお客様の流れの読めないフジッコパンでございます。
遠方からお越しの際は、万が一に備えて、当日のご予約をお勧めします。
それでは皆さん、良い休日を〜

| | コメント (0)

かわいいぃぃぃっ

Dcp_1312
久しぶりに遊牧舎に遊びに行ったら、フレンチブルのブラン君が家族の仲間入りをしていました。
あんまりかわいくって。なで回して帰ってきたら、服が毛だらけでした。。。
完全に犬派の私が好きな犬は、短髪、くしゃ顔系!が大好き!!見事にツボにハマったブラン君(オス、生後三ヶ月)。。。犬飼いたいなぁ。。。でもパン屋だし、一人だし、難しいなぁ。。。(泣)
写真、全然うまく撮れなくてかわいさ半減悲しさ倍層。しくしく。

| | コメント (0)

ふじっこぱん

Kanban2
国産小麦と自家製酵母のぱん  ふじっこぱん
<店舗営業2011年夏再開予定>
〒510-1233 
三重県三重郡菰野町菰野4003-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじっこぱんのぱん

ふじっこぱんのパンは、日本酒の醸造中に出る泡と、レーズンの酵母をリンゴジュースで培養した自家製酵母を使って作られています。
基本の材料には、国産、三重県産、オーガニックのものを中心に使用しています。
卵、バター、牛乳は基本不使用。気まぐれにミルクやバター入りのリッチなご褒美パンも焼いています。
砂糖不使用のパンも数種類ご用意しています。
(一部菓子パンと焼き菓子にによつばバター、卵、てん菜糖使用)
全て手捏ねで、シンプルな製造法のため、素材の味が味わえるパンになっています。

| | コメント (2)

デジタル一眼

先月、岡田屋本の撮影のお手伝いをしたのと、ブログを始めたのとで、デジタル一眼レフが欲しくてしょうがない。。。
でも、どれ買っていいか解らない。
eosKISSデジタルと、他のメーカーのとは、どう違うんだろう???
この前、取材を受けたときに、カメラマンさんにアドバイスもらったけど、他のメーカーのも聞いとけば良かった。。。
NHKのデジタル一眼レフ入門見ながら、研究中です。
ちなみに、この時受けた取材の記事は、7月発売の雑誌に載るらしい。
詳細は後日お知らせしまぁす。

| | コメント (3)

筋肉痛

ケロッグの玄米フレークにおまけで付いてたピラティスDVDを見ながら、初めてピラティスに挑戦してみた(15分くらい)。
で、筋肉痛二日目です。くぅ〜〜。つらいぃぃxxx

| | コメント (0)

アクリルタワシ(乙女風)

Dcp_1310
入荷してます。
友人はてなオリジナルデザイン。
ちょっと乙女風(笑)です。
1個126円です。よろしくどーぞ。

| | コメント (1)

かもめ食堂

Prof
名演小劇場で観てきました。
夕方五時の回、ロビーはたくさんの人でびっくり!木曜日はレディースディだそうで、ほとんどが女性です。満席の小劇場、初めて経験しました。日本の映画を、こんなにたくさんの人が観ているというのは、なんだか嬉しい気持ちです。
映画は、、、とっても素敵でした。淡々と流れるフィンランドでの日常。日本に住む私にはとても非日常のはずなのに、そこにあるのは真面目に生きているなら当たり前に感じる悩みや悲しみ、小さな喜びです。おそらく日本にいたならなにかしら生き辛かったろう主役の三人が、毎日少しづつ、自分や周りの物事を素直に受け入れながら暮らしていく様子は、つい忘れてしまいそうな小さな、でもとっても大事なモノを思い出させてくれます。
私が一番好きなのは、最後のシーン。「いらっしゃいませ」と言える生活をしている自分が、なんだかとても嬉しく、大切に思えました。当たり前すぎてつい忘れてしまいそうになる「いらっしゃいませ」の気持ち。こんなところにも喜びはあるんですよね。
自分が作ったものを「おいしい」といって食べてもらえるだけでなく、お店をするというのは、大変なこともいっぱいあるけど、嬉しいこともいっぱいいっぱいある。そんなことを改めて感じた映画でした。
http://www.kamome-movie.com/

| | コメント (3)

物々交換生活

Dcp_1308
金沢の友人から、海の幸セットが届きました。
この前パンを送ったので、そのお返しです。うひひ。
エビ狂いの私のために彼女が選んでくれたのが、日本海の甘エビ(大きい!)ノドグロ(すごい脂のってておいしいのー!)と、超巨大サイズの牡蠣(15〜16センチはある)です。
で、今晩のごちそう。
焼き岩ガキ(普段の牡蠣の身の三倍以上の大きさ!)
新わかめと大根と京あげの梅酢サラダ(大根も、伊豆の友人の手作りで、パンと物々交換です)
ノドグロの塩焼き(これが一番だよねー)
ノドグロのあら汁
です。
骨董屋の友達を呼んで、一緒に頂きました。本トーにおいしかったぁ。。。ほぅ。
幸せ気分イッパイです。それも、ほぼ予算ゼロでこのごちそう!!
心も体も満たされるぅ〜。
甘エビは次回のお楽しみに冷凍しました。やっぱりお刺身かなー。

| | コメント (0)

杏とカシューナッツS

Dcp_1305
オーガニックの干し杏とカシューナッツを練り込みました。
お砂糖は使っていませんが、生地全体からほんのりナッツの香りと優しい甘みがします。
表面はパリッと焼き上がっていますが、中は意外にふんわりしています。
トースターで温めて食べると、さらにおいしくいただけます。
原材料/国産小麦粉、塩、酵母、干し杏、カシューナッツ、菜種油
168円です。

| | コメント (4)

悲しい話。

悲しい話を聞いた。
会社の中で、上司に責められ、怒られ続けて、精神が病んでしまった人の話。
昔の人には必要であっただろうルールや常識に何も疑問を感じず、現代になっても、ただ、いままでそうあったということだけで、それらを盾や武器にする人は、今の時代、そんな価値観に疑問を覚え、自分の良心に正直に生きようとする人たちを攻撃するの?人より少し進むのが遅いだけなのに?自分の心を大事にして、丁寧に生きているだけなのに?
他と比べて何が生まれるんだろう。批判することで、本当に幸せになんてなれないと思う。自分が人より上でも下でも、そこには何か気持ちの悪いものが残るのに。
自分の中の空虚感は、外側から評価されても埋まるものじゃない。自分も人も、出来ないことがあっても、そのままでいいはずなのに。
ちゃんと生きようとする人たちが、壊されていく今の時代が、とても悲しいし、辛い。
ただ、会社で壊されてしまったこの人はいま、表現者として同じような境遇の人たちの代弁者として活動されているらしい。本当に、がんばってほしい。
批判してしまう人の気持ちもわかる。私もそうだったから。でも、そんなことを繰り返しても何も変わらなかったし、何も満たされなかった。他人を批判してしまう人は、きっとすごく淋しいんだろうな。と思う。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »