« ウォレスとグルミット | トップページ | 杏とカシューナッツS »

悲しい話。

悲しい話を聞いた。
会社の中で、上司に責められ、怒られ続けて、精神が病んでしまった人の話。
昔の人には必要であっただろうルールや常識に何も疑問を感じず、現代になっても、ただ、いままでそうあったということだけで、それらを盾や武器にする人は、今の時代、そんな価値観に疑問を覚え、自分の良心に正直に生きようとする人たちを攻撃するの?人より少し進むのが遅いだけなのに?自分の心を大事にして、丁寧に生きているだけなのに?
他と比べて何が生まれるんだろう。批判することで、本当に幸せになんてなれないと思う。自分が人より上でも下でも、そこには何か気持ちの悪いものが残るのに。
自分の中の空虚感は、外側から評価されても埋まるものじゃない。自分も人も、出来ないことがあっても、そのままでいいはずなのに。
ちゃんと生きようとする人たちが、壊されていく今の時代が、とても悲しいし、辛い。
ただ、会社で壊されてしまったこの人はいま、表現者として同じような境遇の人たちの代弁者として活動されているらしい。本当に、がんばってほしい。
批判してしまう人の気持ちもわかる。私もそうだったから。でも、そんなことを繰り返しても何も変わらなかったし、何も満たされなかった。他人を批判してしまう人は、きっとすごく淋しいんだろうな。と思う。

|

« ウォレスとグルミット | トップページ | 杏とカシューナッツS »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォレスとグルミット | トップページ | 杏とカシューナッツS »