« 帰って来ております。 | トップページ | 今日から五年目なんです。 »

松本旅行記 後編

最終日。
 せっかくなのでまるもさんの朝食を頂きました。
安宿の朝食、というと、今まであんまり期待できるものではなかったのですが、まるもさんの朝ご飯は、質素ながらも、とても丁寧に作られた、心温まるものでした。
民芸家具の置かれた小さい食堂で、その日に宿泊しているお客さんと順番に入れ替わり、気遣いながらの朝食も、とても気持ちよく やさしい気持ちになりました。
 チェックアウトを済ませていると、御歳91歳のまるものオーナーが声をかけてくださって、喫茶でコーヒーをごちそうになりました。
戦時中からのドラマッチックな人生は、近代の松本の歴史と深く結びついていて、オーナーは松本の文化を守って来た要人のお一人だったそうで、戦争を生き抜いて来たが故の、温かさや厳しさ、優しさに溢れた素敵な方でした。
こんな人がいたから、松本の町は守られて来たんだなぁ。。。と、つい同じ城下町の亀山を想って、すこし寂しくなりました。
でもほんとに、こんな人が守って来たお宿だからこその、温かいもてなしだったなぁ。。。オーナーとお話しさせてもらって 素朴で温かいまるもさんのもてなしや雰囲気の理由が、とてもよく解りました。
 そんなオーナーに見送られながら、お宿を後にし、私たちは再び安曇野へ。
 吹きガラス体験のできる工房では、しばらく吹きガラスの作家さんの作業を見学。
みんな厳しい表情で作業していて、体験をお願いできる雰囲気では無かったので、結構ビビってしまいました…(笑)が、せっかくなので、吹きガラス体験、(ビビりながらも)させて頂きました。
ミルクピッチャーを作ったのですが、とても丁寧に指導して頂いて(というか、ほとんどやってもらってる?)なんとか形になりました。
溶けたガラスというのは、なんとも微妙な力加減で変化するようで、全く感覚がつかめませんでしたが…
兎にも角にも貴重な体験。やっぱり もの作りは深いなぁ。。。
 その後安曇野にあるギャラリーに向かいました。結構山深いところにあり、時間も時間なのでそろそろお昼の事も考えなくてはなりません。
特に当ても無かったので、ギャラリーに置いてあった雑誌で探していると、スタッフの方と何度かお会いした事のある シャロムヒュッテがすぐ近くにあるのを発見、そちらにランチに伺う事にしました。
 突然の来訪にも関わらず、畑やペンションを案内してもらい、お土産に採れたてのお野菜やおにぎりまで頂いて、とても親切にして頂きました。ランチも石窯で焼かれたピザも、とても美味しくて、やっぱりここでもお腹も心もいっぱいです(^^)初対面のファーマーの方にも採れたれのトマトなど、いろいろ頂いて、うれしいなぁ。。。
 その後は、近くのギャラリーショップnagiさんに立ち寄り、三重に戻ります。あ、その前に近くの観光牧場のソフトクリーム!!!これが、すごくミルキーでさっぱりしてて美味しかったぁ。。。マイソフトクリームランキング一位です!!!
 帰りは、もちろんこの旅に想いを馳せ、自由旅行ならではの いろいろな偶然に感謝しつつの帰路です。
 友人との大切な時間も、旅ならではの貴重な体験や交流も、この夏の楽しい記憶です。
私の夏休みも折り返し地点にきました。後半は少しゆっくりして、日常の細々した時間をじっくり楽しみたいと思います(^^)
 

|

« 帰って来ております。 | トップページ | 今日から五年目なんです。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

俺の心の喫茶店 まるも 行ってたんだ いいなぁ

旅館まるも は 泊まるのが 夢です

長野いけば 友人宅ばっかりだからね

旅日記 すっごくうらやましく読んだ

そんで ふじっこらしい いい旅してるなぁっと(^・^)

投稿: うっき~ | 2006年9月 5日 (火) 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰って来ております。 | トップページ | 今日から五年目なんです。 »