« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

ともだち

こころが触れ合う瞬間がある人を、私は友達と呼ぶ。
こころが遠すぎても、近すぎても、それは友達とはちょっと違う。
こころの距離の、お互いが丁度良いところで、
触れるか触れないかの微妙な距離感が、尊くて心地よい。
必要であればしっかり、そうでなければあたたかい視線を感じる程度の、
柔軟で、それはとてもやさしい距離。
手と手を、軽く握り合っている位でいて。
揺らいだら、ちゃんと握っていて。
悲しい時は、全身で抱きしめて。
後一歩勇気が出ない時は、そっと背中を押してね。
もしかこころが間違いそうな時は、おもいきりひっぱたいていいから。
そしていつか手を離す時が来ても、
手を繋いでいた事は忘れないよ。
こころが触れた瞬間は、きっとずっと私の中にあるから。
出会ってくれてありがとう。
私に触れてくれてありがとう。
私のこころの輪郭は、あなたたちに象(かたど)られているよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菰野体験。

今日は火曜日、恒例のレディースディ☆(集会?)またの名を行商日。
今日は菰野のともちゃんちが完成したということで、さっちゃんとともちゃんちで晩ご飯を頂きました(^^)
デザートタイムにはsnugのかおりちゃんも参加して、私以外の三人は旦那さんがいるはずなのに、なんだか独り者集会みたいになってた(笑)…いいのか?!
ともちゃんちは、大工の旦那さんが直した古い小屋で、シンプルでとってもかわいい♪
やっぱ部屋(家)って、人が出るなぁ。。新婚さん家だけど、意外になじんだ生活感もなかなかいい感じでした。でもカメムシ多すぎ(笑)
ともちゃんちのすぐご近所には大きな石窯のあるお宅があって、横を通りかかったとき、丁度窯にパンを入れるところだったので、興味津々、窯を見せてもらいました。手作りのすごく立派な石窯です。
15分後に焼き上がるというので、その時間を狙って窯出しも見に行きました。いやいや、焼きたてパンは狙ってませんてば(笑)
でもお話をうかがううちに、やっぱり焼きたてパンを戴いてしまいました。。(汗)あはは。。
。。すみません。貴重な二日分の主食を。。。ごちそうさまでしたm(_ _)m
焼きたての窯焼きパンは、分厚い皮がとても香ばしくて、香りは高いのにほとんど酸味は無く、すごくおいしかったです(^^)いいな。私もいつか焼いてみたいな。
菰野(私の実家も菰野です)でこんな生活をされてる方がいるなんて。。あんまり地元愛のなかった私ですが、大分菰野株が上がりました↑(笑)
菰野もなかなかやるやん!!
ともちゃんちにも結構広い敷地があって、これからふたりでいろんな事ができそうな、そんなお家です。空もとってもきれいに見えて、風もよく通って。ここからいろんな事が始まるんだ。いいな。ステキだな♪
知ってる土地で、知らない生活を垣間見れて、なんだか嬉しい経験でした。
私もいつか大好きな土地を見つけたいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人時間。子供時間。

あっというまに一月も終わろうとしています。
早い。早すぎる!!!
こんな勢いで月日が経っていくと、あっ!という間に、もう師走ですね。なんて言ってそう。。
子供の頃に聞いた、大人になると時間が経つのが早いのよ〜。という台詞をほんとに実感しています。
けっこうのんびり生活しているつもりでも、毎日なんだかんだとやる事があって、考える事があって。そんなに未来の事までは考えないけど、とりあえずひと月先ぐらいの事は意識した生活。気付けば時間が足りなくなってる。一日ごろごろしてる日もあるけど、そんな時間も必要だしなぁ。
遊び、学校、ご飯、寝る。の子供生活は、あんまり時間を感じなくても過ぎて行ってた気がするな。
ただ、楽しい、つまらない、うれしい、かなしい、嫌だ、とか。時間より感情重視の生活。
………ちょっといいな(笑)
子供の持つ幸せなイメージは、ここらへんに感じるのかな。ガツガツギスギスしていない感じ。
最近の子供はどうなんだろう。メディアで見る子供たちは、なんだかやたらと大人びて見えるけど。大丈夫なのかなぁ。。
大人の時間を子供に与えるんじゃなくて、子供時間を共有できる大人でいたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーキの夢。

休憩時間に寝過ごして(笑)仕込みが押してしまったので、今追加のチョコケーキを焼いています。
もうすぐ寝る時間だというのに、部屋中良いにおいで、なんだかおなかが空いて来た。。あぁ。。ダメだめ(><)
今夜はチョコレートの香りいっぱい吸って寝よう。
ケーキの夢、見るかなぁ。。見たいなぁ。。
 この土日は、亀山大市が開催されていたみたいで、うちのすぐ横の道から通行止めになっていました。
うちの前は全く出店なんていないのに、なんでここから通行止め?もしや嫌がらせ?!(笑)交通整理のおじさん、ひとりぼっちで寒そうだったよ〜〜〜。。。
その上今年も、市からなんの連絡も無いし〜〜〜〜!!(怒…当日まで全然知らなかった…)
お越しのお客様には、大変ご迷惑をおかけしました。お知らせも出来ずすみません。。。
明日からは普通に通れるはずです。どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナオへ。

今日はいつものスタッフの都合が付かず、去年の年末に半年間のタイ留学から帰って来たナオが、久しぶりに手伝いに来てくれた。
日本に帰って来てから一度顔を見せに来てくれたけど、その時はゆっくり話が出来なかったので、そう言う意味でも今日はちょっと楽しみだった。
 二十二歳のナオ。この一年の変化はめまぐるしい。
初めて会った頃のナオは、いつも楽しそうで、見た目は子供みたいなのに何故だかいろんな答えを知っている不思議な人だった。彼女と一緒にいると、私はいつも温かい気持ちでいられた。小動物系?(笑)
 タイに行くと決める少し前の時期、去年の春くらいだったかな。同じ時期に私とナオは、不思議とよく似た状況で、同じ気持ちを抱えていた。
それは「さみしい気持ち」
理由は分かっていたのだけど、私はそれをどうしようとか、特にもがく訳でもなく、ただ時間が経つのを待っていた気がする。
でもナオにとっては違ったみたいで。
ナオは突然「さみしいという気持ちが、初めて分かった」と言った。
それを聞いて私は正直驚いた。「さみしい気持ち」を知らない人がいることが。
今思えば、いつも一生懸命、おそらく同世代の女の子たちよりはるかにいろんな責任を負わざるを得ない状況で、多忙な私生活を送ってきた彼女には、さみしさを感じている余裕なんて無かったのかもしれない。
 とにかくその時私は、同じさみしさを抱えながら、時期を待つ。という選択を、
ナオは、変化。を選んだ。
そしてそれからはもうすごい勢いで、彼女の生活や状況が変わっていった。そしてタイへの留学。
ナオは時々失敗もするけど、いつも真っ直ぐがんばっている人だから、特に心配はしなかった。お別れはやっぱり少しさみしかったけど。
何故だか、どんな状況であっても、ナオはナオでいるから大丈夫。と、信じていられた。
 久しぶりに会ったナオは以前と同じ笑顔で、でもどこがどう、とははっきり言えないけれど、確実に素敵な大人になっていた。素敵。なんて言葉を使うと、見た目子供のナオは、顔を真っ赤にしながら、もじもじ恥ずかしがるんだろうけど。(笑)
 「さみしさ」が、彼女を変えた気がした。
タイでの生活は、当たり前に「さみしさ」のある生活だったと思う。誰も知らない言葉も通じない異国で、それも日本より遥かに治安も悪く、心が落ち着く事はそうなかっただろうに。いくら自分で選んだとはいえ、それはとても厳しく、強くないとできない選択だったはず。
「さみしさ」と向き合う事で、何かが始まり、変わる。
そして、それが誰もの根底にあることを知る事で、優しく、強くなる。
もちろん揺れ動く事も多くなるけど、それもきっと大事なことなんだ。
最近ずっと感じてた事だったけど、ナオはその答えを持って、今日うちにやってきた。
そんなナオと半日を過ごすうちに、私も昨日よりまた少し、優しく、強くなれた気がしたよ。ありがとう。
「さみしい気持ち」を、ごまかさず、強がらず。
辛かったら、泣いてもいいし、笑い飛ばしてもいい。
少し切ない「さみしいよ」という言葉は、変化を受け入れる覚悟があるのなら、それは贈られた人にとって、素直に嬉しかったりするものだから。
もらって嬉しい言葉は、もっと外に出していこう。
そしてナオ、もっともっと素敵な大人になれるよう、これからもがんばっていこうね。そして時々そのお月様みたいな、まぁるい笑顔を見せてね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷鳴。

今日仕込み中に、突然の大雨が降り出しました。
うちのガレージはトタン張りなので、すごく大きい音がします。
大雨が収まったかと思ったら、一瞬空がピカッと光って、何秒後かに激しい雷鳴の音。
。。。雷は苦手です(泣)それも仕込み中は大きい音にとても敏感になってしまってるので、しばらくソワソワ、なんだか落ち着きませんでした。。
子供の頃お父さんに怒られた時みたいに、心臓がどきどき、キューーッと苦しくなって、なんとなく悲しい気分になります。
なんでかなぁ。。。
そういや昔は雨も苦手だったけど、今は平気だ、いつのまにか。
雷の音も、いつか平気になるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化の中で。

今日は少しだけバタバタとした日を過ごしました。
一日中外にいて、たくさんの声を聞いたからか、ちょっとだけ心が消化不良を起こしています(笑)
こんな日は、のんびりぼんやり。
借りてきた漫画なんぞを読みつつ、静かな夜を楽しみます。
新しいimacになって、テレビを見る時間がめっきり減って、日記を書く時は音楽を聴くようになりました。
今日のBGMは昨日買ってきた SalyuのTERMINAL→
伸びやかで、でも少し苦しげな声質で、言葉の一つ一つを絞り出すように歌い上げる彼女は、決して華やかではないけれど、確実に種を残す雑草の、一つの小さな花のような、存在の確かさを感じさせてくれます。
きっと彼女は、いつも裸足で土を踏みしめてる。そんな気がします。
Jk_album03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の映画。

「愛ルケ」
スタッフのきみちゃんのおすすめで観てきました。
……きみちゃん、、、お、大人だ。。。(笑)
それも私と同じにおい(not恋愛体質…爆)のあかねつんと観たもんだから、終わってから二人で、あはは。私らには、、わからんねぇ。。と、幼稚な恋愛談義に花を咲かせた次第です(笑)
でも見所は、トヨエツの演技!
昔から好きな俳優さんで、出演作品は何本も観ていますが、いやぁ、45歳の大人の男でも、恋をするとこんなにかわいいものなのか。と、その演技にこちらが恋をしてしましそうでした(笑)エンドロールに流れる笑顔にノックアウトです(笑)
大人でも、男性でも、こんなに素直に恋をするんですね。すごく素敵でした。
そしてそして、冬香(寺島しのぶ)の母役の富司純子。実の母親がその役をやっているのもあってか、とてもまっすぐ、死んでしまった娘に向き合う母の強い姿は、凛として、とても美しかった。
まぁでも私はこれを、本当の愛だ!!とか、よくわからないから言えない。
原作者の渡辺淳一さんがこの前テレビで言っていた。
社会的なものとか倫理とかを乗り越えたところにある不倫の愛だから純粋で強い。ってようなこと。(すみません、、うる覚え…笑)
そうかなぁ。。。
私の価値観には、社会性とか、常識とか、倫理とか、人の決めた定規が基本的に欠落してるので、不倫が悪いとか、だからこそ純粋だとか、正直よく分からない。
不倫だからこそより燃え上がる恋。は、後ろめたさや罪悪感が恋を盛り上がらせるスパイスになっている気がして、私がもしそんな愛で向き合われたら、なんだか温度差、というか質感の違いに違和感を感じて冷めてしまいそう。
お互いが前向きな、後ろめたさの無いほんとに単純な気持ちなら、それが不倫と呼ばれる関係であっても、それは出会うタイミングがちょっと遅かっただけ。って気がするのだけど。家庭とか持っちゃってると、そんなに単純には行かないのかもしれないけど、そこも独身者の私にはよく分からない。
私は別に、不倫擁護論者でも、不倫反対論者でもないけど。
ただ、もし自分の選んだことによって悲しむ人がいる事をイメージできてしまったら、それはいつかきっと自分に還ってくるような気がして、そんなことは出来ればしたくないな。と思う。ただそれだけ。
キレイゴトだと言われてしまうかもしれないけれど、みんなが笑顔でいられる、そんな世界。それが本当の愛であって欲しいと思うし、私はそれを目指したいな。と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せの香り。

今日snugで、友達のために取り置きしていたパンの袋を開けたとき。
フワッと香ばしい、甘いパンの香りがした。
かおりちゃんと二人で、袋に顔を入れてクンクン嗅いだ(笑)
うち(店)にいると、慣れてしまって感じられない香り。
その瞬間私たちは、お客さんが店内に入って最初にする顔をしてた。
その直後snugの外に出た私は、snugの厨房から風に乗ってきた、焼き立てのクッキーの香りを感じた。
ほんのり甘くてあったかい香り。
店内では感じられなかった香り。
かおりちゃんにも嗅がせてあげたい(笑)
夕方道端で、ふと香る晩ご飯の香り。
今夜食事に呼んでいただいていた近藤家の、私を待っててくれたあったかい食卓の香り。
どれもその瞬間の、幸せの香り。
なんだかちょっと懐かしくて切ない、幸せの香り。
きっといつかまた思い出す、今日の思い出の香り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフェッショナル

今日NHKのプロフェッショナルという番組を観た。
20世紀少年を描いている、漫画家浦沢直樹氏の特集だった。
あの緻密で深い描写の、おそろしく人間考察された漫画を、どういう人がどうやって作り上げているのか。とても興味深く、久しぶりにテレビに釘付けになってしまった。
浦沢氏はやっぱり熱い人だった。
アンバランスなほど一見穏やかな空気をもっているのに、目はいつも見開いて、一歩先を見ていた。
……かっこよすぎた。その存在に、感動してしまった。
自分の中にあるものを、出したいんじゃない。出さずにはいられないんだと思う。この人がもし出す事を止めてしまったら、きっと自分の熱で、爆発してしまいそうな、噴火前の火山のような、一見穏やかな、そんな熱さを感じた。
ロックな生き方をしている人だった。
自分というものを、強く信じている人だった。
でもそれは、極端なほど、周りを信じていない。期待していない。という事なのかもしれない。
信じられるものは自分だけ。頼れるのも自分だけ。
有名になりすぎた分、作品が魅力的な分、いろんな人が集まって、いろんなものに惑わされ、調和を強いられることも多いだろう。
体を壊しても、どんな想いに取り囲まれても、立ち返る場所は、ただ自分を信じる力。
その生き方を選ぶしか出来なかった人。
その生き方で生きる。と定められた人。
プロフェッショナルであるという事は、ただ仕事を責任を持ってこなせる人。というだけでなく、本気で自分の人生を生きている人の事を言うんだろう。
「これしかできないという自信と、
これしかできないというコンプレックス。
自分が自分でしかないという素晴らしさと悲しさ。」
(ばななブレイク/プロフェッショナルより)
私にこんな背中を見せてくれる人がいるこの時代に、生まれてきて良かったと思う。
同時に、すぐ身近にも、プロフェッショナルに生きる人がたくさんいるのを知っている私は、堂々と彼らと向き合える人生のプロでありたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

大人になること。

子供はみんな、
自分の中に答えを持ってる。
世界も、自由も、希望も夢も。
全てそこにある。
大人になるにつれて、
世界を知るにつれて、
いろんな事を忘れていく。
でも同時に、
忘れてしまったいろんな事を思い出していく。
泣きながら。
笑いながら。
そうやって、
失ってしまった自分を取り戻す。
思い出した答えは、
一見同じようだけど、
泣いた分だけ暖かい。
笑った分だけ深い。
そうやって人は、
大人になっていくのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決めるということ。

最近めっきりなくなったけど、雑誌や本への取材を受けていた頃は、時々若い女の子が「お話聞かせてください」と、メールをくれたり、お店にやってきたりした。
彼女たちのことを、もちろん私は何も知らないので、「はぁ、(別に)いいですよ。とりあえず、いらしてください。」とお返事した。
往々にして彼女たちは、初対面の私に「パン屋さんになりたいんです!」と、キラキラした目で言う。
 私「はい。それで、なんのお話を聞きたいんですか?」
 女の子「………」
彼女たちは、質問を持っていない。
もちろん私は、どこの誰とも知らない女の子を、パン屋さんにしてあげることも、その子の人生を変えるような決断をしてあげることもできない。
質問されれば、それなりに答えることもできるのだけど、それさえ用意していないのだ。教えてもらいにきているのに、会えば私が勝手にべらべらと、パン屋への道を説いてくれるとでも思っているのだろうか。
 私「「やりたいんです。」では出来ないし、「やります。」って言えるようになって、ちゃんと聞きたいことが見つかったら、また来てね。」
………今のところ、また来た人はいない(笑)

私は、パン屋になりたい。と、思ったことがない。
そんな風に生きている人は、そんなに多くはないのかもしれないけど、幸か不幸か「夢」を持ったことがないのだ。
だから私の毎日は、なにがしたいか。じゃなくて、なにができるか。だった。消去法の人生(笑)
月の庭で働きながらパンの卸を続けた三年目の冬、何かが変わる時期だと感じていた私は、とりあえず「パン屋なら食べていけるかな。」と、忘年会中、三十人の前で「パン屋になります。」宣言した。
何も決まってなかった。お金も無いし、やりたい場所も、お店のイメージも、なんにもなかった。でもまぁ、みんなに言っちゃったらやるだろ(笑)くらいの気持ちだった。でも、もう「決めて」いた。
次の年の夏、ふじっこぱんはオープンした。「決めて」からは、もう自分でも訳が分からないくらい、次々といろんなビジョンが見えた。イメージする中で自然に、その時やるべきことが見えた。何故だかほとんど不安は無かった。
もちろん始めてからは、乗り越えるべき新しい課題がどんどんやってきた。
辞めたいと思ったことも何度かあったけど、追いつめられる度、不思議といろんな事が起ってそれは阻止された。その時期じゃないのは、自分が一番知っていた。
「まだまだ、ここで学ぶことがある。」
そんな風な事を繰り返しながら、私は今ここにいる。毎日毎日が、「決める」ことの繰り返し。相変わらず、「夢」なんて見ている暇はない。
でもここ最近、今の形では絶対得られない感覚を知りたくてしょうがない。そうすることで、もっと人生が豊かになる。そんな予感がしてる。
私が見るのは「夢」じゃない。それは少し先の未来。描いた理想は夢物語じゃなくて、背筋を伸ばして見つめたその先の、せいいっぱい手を伸ばしたところにある。
掴む。と「決める」のは、私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

両手のひら。

たくさんはいりません。
両手のひらより、
ちょっと少ないくらいがちょうど良い。
大事なものは増えていくけど、
両手のひらはそんなには大きくならないから。
ちょっとずつ。
大切なものだけ。
優しくやさしく。
そうっとくるんで、
そう。
もう落とさないようにね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アキちゃん。

昨日、mixiで専門学校時代の友人二人と繋がった。
一人は、しばらく前に検索して見つけてて、でも彼と確信が持てなくていたら、プロフィールを私にだけ解るようにして(多分)足跡を残してくれていた。少し不安げなその小さな心遣いが、なんだかとても嬉しくて、当時の熱くて優しかった彼を思い出した。
彼が私への目印に入っていてくれたらしいコミュは、同じ時間を共有した、もう一人の大事な友人のコミュだった。
もう一人の彼は、彼自身になるために、ずっと一人でいろんな思いを抱えながら、でもだからこそとてもキラキラした人で。何も持ってないと思ってた当時の私には、そんな彼がとてもとても眩しかった。
彼が背負った人生の中、何かを探して数年前にアメリカに渡り、遠く海を越えて時々届く一斉メールだけが、私と彼を繋いでいた。
私はがんばってる彼が眩しすぎて、何も返事が出せずにいたけれど、まだ繋がっているよ。っていう彼の気持ちが嬉しくて、メールをもらう度、いつも幸せな気持ちになった。
もう、14年も前になるのかな。
高校時代まで居場所の見つけられなかった私は、ただそこを選んで集まった、どこか似たものを持ったたくさんの友人達に囲まれて、生まれて初めての居心地の良い時間を、たくさん過ごした。
でもまだまだ私は、何も見えてなくて、もがくしか出来なくて。自分の価値なんて、これっぽっちも感じていなかった。
こうやって今あの頃を思い出すと、みんなちゃんと不器用な私を見てくれてて、いつも気付けない、何も出来ない私を、優しく、でもしっかり守ってくれてた。
だから私は安心して、空っぽながらも、自分自身でいられたんだと思う。それは初めて経験した、自分自身の時間だった。
卒業後社会に出て、そんな時間とのギャップに激しく違和感を覚えながら、私の本当の人生は始まった。それは今に至る道でもあるから、もちろん必要な時間であったのだけど。正直、痛くて辛くて居心地の悪い、長い時間を過ごした。でも、それでも逃げずに来れたのは、ほんの二年間の、私が私でいられた記憶が、私を強くしていたからなのかもしれない。それは自分を信じる力を、光を、いつも少しだけ残してくれていた。
二人を見つけて、もう嬉しくて嬉しくて。でもメールを送るとき、私は少し戸惑った。
二人は、私が「ふじっこ」になる前の友人。「ふじっこ」の私を知らない。「ふじっこ」の私は、卒業の約五年後、月の庭で生み出されたから。
私はメールに「アキ」です。と書いた。
ほんとはなんだか自分じゃ無いみたいで、少し恥ずかしかったのだけど。
返事はすぐに来た。「アキちゃん」「アキのじ」
あぁ。そんな風に呼ばれてた。親しみと愛情いっぱいに呼んでくれていた私の本当の名前。
ふっと力が抜けた。
私は、私を取り戻した気がした。
ありがとう。
今私は、がんばってる二人に、まっすぐ向きあえる。
今まで、向き合えなくてごめんね。
時間は繋がってる。
私は私の時間を繋ぐ。
あなたはあなたの時間を繋いでいて。
それは無自覚でも、でもちゃんと触れる瞬間があって。
そんな数えきれない瞬間が繋がって、今の私を作ってるんだよ。
私にとってきっと転機になるであろうこの時期に、再び触れられたことに感謝します。
やっぱり世界は、まだまだ捨てたもんじゃ無い。
また一つ、宝物が増えたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コン筋クリート

やっと観てきました。
私の人生のバイブルの中の一冊「鉄コン」
原作には十数年前に出会った。
そこにはいろんな方向から見た、「クロ」と「シロ」と、主張はしないまでもただそこにある混沌の「グレー」が、鮮やかに、でも今にも崩れそうなもろさをたっぷり含んで描かれていた。
無駄の無いタッチで、躍動感たっぷりに描かれるそんな世界に引き込まれ、その時の私は完全に「シロ」にシンクロしてしまった。
本気で「シロ」になりたいと思っていた。
当時一緒にいた人は、自分は「クロ」だと言った。あぁ、だから一緒にいるのだと、その時は妙に納得したのを思い出す。
そんな思い入れたっぷりの「鉄コン」の映画化。
映像の美しさと、松本大洋の描く世界観の描写に息を飲んだ。
いろんな批評をする人がいると思う。それは当然だけど、私は批評家では無いから、感じたままを書こう。
感想。
痛い痛い痛い。苦しい苦しい。悲しい。寂しい。だけど、激しく惹き付けられる。
映画であるが故のスピードに、私の心が追い付かない。
徐々に二人が壊れていく。音、声、表情、空気。全てを受け止めてしまった。しまった。私は開き過ぎていた。
映画を観て、悔しくて、痛くて泣いた。もし映画館にたったひとりだったら、大声で叫んでいたかもしれない。
痛みを伴う後半は、私はもうただ苦しくて、映画が終わった頃には、お腹がぐるぐる痛くなっていた。
観たくて観たくてしょうがないのに、外に出てしまおうか迷ったほど。
そして実は、私の座っていた最後列の右側の空席に、上映中何度も気配を感じた。なにかは解らない。とにかく、開き過ぎていた。
すごい。
なにがすごいのかよくわからないけど。
もう一度観たい気もするけど、観きる自信がない。
映画としてどうかとかも、もうよく解らない。
でも、観て良かった。
皆はこの映画の中になにを見たんだろう。
私は私を見た。
「シロ」だと思っていた私の中に、今ははっきり「シロ」も「クロ」も「宝町」もいた。
そしてそれが、限り無く美しかった。
「ソコカラ、ナニガ、ミエル?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人鏡

人と向き合うとき、そこに自分を見る。
と同時に自分の中に相手を見る。
でもまれに、映っているはずの私が見えないことがある。
見ようとすればするほど、不思議とそれは見えなくなっていく。
そこにあるのは壁なのか、扉なのか。
その奥に何があるのか、無いのか。
そもそも鏡があるのかさえも。
私には解らない。
そして特にそれを知りたいとも思わない。
ただ、現実にそういう事がある。それだけ。
私はそれを見たのだから。
それでも私は、
見る事は止めない。
そうする事でしか自分を知る事は出来ないから。
そうする事でしか人を知る事は出来ないから。
どんなに光を当てても映らない鏡は、もうそこに置いてこよう。
そこに私は見えないのだから。
私は私の中の鏡を、磨く事を止めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訂正日記。

12/27の日記で、ほいあん堂のともちゃんとお出かけしたことを書いていますが、お邪魔したおうちは、別のともちゃんち(11/3の日記の友人)です。
今日二週間ぶりにともちゃん(ほいあん堂)が遊びにきて、ネット上の噂で、ともちゃん(ほいあん)が結婚した事になってると聞き、あらーー。そんなことに!?と、訂正する次第です。
訳の分からない日記を書いてしまいスミマセン…分かるように書いたつもりでも、今読み返してみたら、誤解されてもしかたない文章でした。。。あはは。。。
ということで、ともちゃん(ほいあん←くどい?)は、今日も元気です。そんでもって、彼とは仲良くやってます。って、なんだこの日記(笑)ほいあん通信?
今日は九州のお土産に、大好きな柚こしょうをいただいたから、久しぶりにおでんを作りたくなりました。ともちゃんがこっちにいる間にできるといいな。
ほいあん堂三重誘致作戦(餌付け)開始です(←嘘、でもちょっと本気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の話とか。

先週壊れたうちのパソコン、iMac2号。
リストアして、だましだまし使っていますが、ネット繋げるのでギリギリ。OSも古いし、ブラウザはIEの古いやつだし。。なぜかしょっちゅう勝手に落ちます。謎。
なもんで、コメントのレスなど遅れています。スミマセン。。
そんな状態で、仕事には全く使えてない状態です(困)
買い換えることにしたんですが、なかなか機種が決まりません。だってモニターサイズ大きいのにしようと思うと、4万円も違ってくる。確かにスペックも多少良くなるけど、そもそも映像処理なんてしないから、そんなにハードディスクいらない。。泣
お金持ちでも無いし、ただ無駄遣いしないだけで、多少自由になるお金はあると言うものの、やっぱりちょっとばかし大きな買い物。&長いこと使いたいとなると、なかなかこれが、ねぇ。。。
まぁでも、今回学んだのは、少しのお金「だけ」で解決できることなら、さっさと片付けちゃえ。ってことでもあるんですが。だもんでショックはほんとに少ない。ただ前よりちょっとだけ不便なだけ。
そんなことより大事な時間、自分のこととか、人のこととか、他のこと考えてたい。
お金はツールとしては今のとこ必要だし、使い方間違うと自分の手を離れて大変なことになっちゃうから、適正な距離でつきあわなきゃいけない。パソコンもそう。ただの道具だからね。使う人が出ちゃう。そう思うと人間関係も同じだなぁ。。やっぱり大事なのは、適正な距離だもんね。
お金はもちろん、パソコンや携帯に振り回される生活も嫌だぁ。とかいいながら、日記は書かずにいられないけど(笑…携帯はほとんど鳴らない)
日記はね、書き始めて良かったって思う。嘘は書けない性格だから、この日記で何か感じてもらえたり、繋がりが出来たりするのはほんとにうれしい。
そんでもって、異常に責任感の強い性格だから(時々大変…笑)、今の自分の半歩先でなりたい自分を書くことで、自分の言ったことに責任持とうとして、なりたい自分にちょっとづつ近付けてる気がする。
あたりまえの毎日を、大切にできるようになったもんなぁ。
あ、お金の話だった。
ほんとにね、大事だとは思うけど、丁度良くあればいいかな。歪んだ使い方はしたくないし。いっぱいあり過ぎても、うまく使える自信がない。。
ただ社会保障とか、老後のこととか不安がもう少しなくなれば、もっと気楽に考えられる気はするなぁ。贅沢は別にいいや。時々、手の届く範囲で。誰かと一緒に御飯食べれるのが、私の至福の時間だし(安っ…笑)
そうそう、今週パソコン購入予定です。デスクトップ型imac、17インチと20インチで迷ってます。
誰がアドバイスくださーーい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日終了。

今日もたくさんのお客さまにきていただきました(^^)
きれいに完売でした☆どうもありがとうございます☆
でも今日は、なんだかやたらと寒くて、眠くて、あまりお店には出られませんでした。スミマセン。。
休憩時間も丸三時間爆睡(笑)
休み明けのお仕事後は、いつもひどく眠くなります。
寝ているときの体温の上昇もいつもより強く感じます。
いつも通りの仕事を、いつものペースでしているつもりでも、体は生活のバランスを取り戻そうと、激しく働いているのかもしれませんね。
もうしばらくは、無理せず(遊び過ぎず…笑)やっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から営業再開です。

無事仕込み完了しました(^^)さすがにちょっとだけもたもたしてしまったけど(笑)
明日から、2007年のフジッコパンの営業が始まります。
昼夜逆転していた生活も、仕込みを終えたらもうしっかり眠けがおそってきて、すぐに元に戻りそう。すごいな、仕事って(笑)
久々の明日のパンは、いつもよりちょっと多め。朝も早いので今日はもう休みます。
皆様。今年もどうぞよろしくお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬休み。そして新しい私へ。

今日で冬休みが終わります。
 お仕事モードを完全にオフにして、いろいろ感じて、自分自身と向き合った二週間。
いつものお仕事モードでは、絶対感じられないたくさんの時間を過ごしました。
積み重ねてきた毎日をしっかり噛み砕き、消化するためのお休みだった気がします。
こんな濃厚なお休みは初めてでした。
 感じ、考え、悩みながら生きてきて、ここ数年でやっと、いろんなことのバランスが取れてきたと思っていました。
でもまだまだ。次の課題はもうここにあります。
 自分一人ではぼんやりとしてはっきり見えないものも、人と関わることで輪郭を帯びてきて、もっとちゃんと繋がりたい。そんな気持ちが溢れてきます。
 自分の中にあった、強い本能を知りました。その本能に、今までずっと翻弄されてきていた自分を知りました。そしてそれを意識することで、翻弄されずに済むことを今、学んでいます。
そうして私は、私らしく。やっと一人の女性になれる気がしています。
 等身大。ずっとなりたかった自分です。
まだまだこれから、揺らぐことも多いはず。今からがスタートなのだから当たり前です。
 今、プライドでも自信でも無い、誇りがあります。
いろんな人との出会いの中で、私はそれを実感することができました。ありがとうみんな。心からそう思えるよ。
 ずっと私の背中に、重く暗く乗りかかっていた母の影にも、今は感謝できます。
ありがとう。あなたの人生を私は背負えないけれど、私はあなたの子供に生まれて良かった。
あなたの背負っている闇は計り知れなくて、幼い私をひどく傷つけたけど、そのおかげで私は人を傷つけることの罪深さを知った。気付けば私はきれいなままで、ここまで生きて来れたんだ。
この日記をあなたが読んでいるとは思えないけど、書かずにはいられない。言葉は力を持つんだよ。そうやって、いつかあなたに届くといい。
 誇りを持って生きられると言うのは、本当に幸せなこと。
やっとここまで来れました。想像できる限りでも、まだまだ課題はいっぱいだけど、こんな気持ちで新しい年を迎えられるなんて思ってもみなかった。
 明日からまたスイッチをオンにして、いつもの日々が始まります。
自分の中に芽生えたピカピカしたものはきっと、これからはそう簡単に傷付いたりしないから、しっかりした足取りで、今まで以上に毎日を大切にしていきたいです。
課題もどんどんやってきます。でも超えられない課題はありません。私は私を信じることから始めます。
これからもよろしく、自分。よろしく、みんな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぁ、青春の日々。

すかんちのライブに行ってきました(笑)

高校時代、大好きだったローリー☆私のロックスターでした(笑)
10年ぶりに再結成してオリジナルメンバーで東名阪ライブをするということで、なんだかとても気になって、名古屋まで行ってきました。

ライブは、うーーん。。懐かしい。。
今聴いても、全然古くないよね〜〜!という感じではなく、完全ノスタルジーでした(笑)
でも相変わらずローリーはかっこよく、スターの面影をしっかり残していましたよ!
40過ぎて(多分)あのスタイルは凄い!!でしょう!!
他のメンバーは。。。まぁ、いろいろです。

私がすかんち大好きだった高校時代。すかんちに限らず、あの当時のJ-Rock、J-popが大好きで、月に二、三回は名古屋までいろんなライブを見にいっていました。
アルバイト代はライブとCDと、自分のバンド活動で全て消えてた(笑)…おっかけもしてました(爆…誰の、とは言えない。。笑)
思えば、私の色物バンド好きのルーツとも言えるすかんち。
今聴くと、感動とかそういうものとはかけ離れた世界でした(あら失礼)
結構どんなバンドでも、勢いとかノリとか、軽い感じで楽しめてたなぁ。

でも今日聴いていて、懐かしい曲の数々に、全くと言って高校時代のシーンが思い起こされないのです。
音楽と言うのは、その時々の思い出やなんやらと一緒になって蘇ってくるものだと思っていたから、すごく不思議な感じでした。
ほんとに、集団行動とか、学校生活とか、楽しくなかったのかなぁ。。私。
バイトして、バンド練習して、ライブ用の洋服買って、ライブ行って。
学校ではいつも、好きなミュージシャンのイラスト描いてた。か、マンガ読んでた。
ライブだけが、そんな毎日をつないでいた気がします。

今でも音楽はなくてはならないものだけど、あの頃よりずっと自然に、じんわりいい感じで関われている気がします。
それは音楽だけではなく、毎日のこまごましたことも、無理なく自然に関われてるってことなのかもしれませんね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣づくしnotまるけ

的矢いかだ荘に来ています。
昼間っから豪華に牡蠣づくしコース( ̄ー+ ̄)
かおりさんとの数年来の約束が、本日果たされました!
コースの内容は、南蛮漬け、つくだ煮、マヨ和え、天そば、鍋、焼き牡蠣、グラタン(生牡蠣の代わり)、フライ、牡蠣御飯、牡蠣の吸い物。
う〜〜〜ン。お腹いっぱいです(^〜^
今から温泉入って帰ります。
なんて贅沢なの〜〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが壊れました(汗)

動きが鈍くなっていたうちのiMac。もうすぐ五歳。
今朝立ち上げようとしたら、青い画面のままなんとも動きません。
あらら、そろそろ潮時かしら。
前回壊れたときほどショックもなく、なんだか妙なタイミングまで感じています。
買い替え時かなぁ。。。今度はノートにしようかなぁ。。
あ、話代わって今日は自宅で、友人二人とお遊びパン教室でした。
黒糖レーズンと木の実パンを、初めてイーストで焼きました。
…やっぱりパンを焼いた気分ではありません。お菓子?美味しかったけど(笑)
それも、旅行帰りで冷蔵庫が空っぽのふじっこ邸。発酵時間待ちの間に、思いつきで鈴鹿までケンタッキーを買いに走りました。
年に一度、食べるか食べないかのフライドチキン。子供の頃はごちそうでした。六人兄妹なので、モモのお肉はいつも取り合いだったなぁ。
さすがにみんな大人なので、今日は仲良く食べました。かにとチキンはみんな無言になると発見しました(笑)
平和なお正月休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま(^^)

帰ってきました(^^)
最終日の今日は、急遽目的地に決まった大阪のカフェ、カンテグランデへ。そう、ウルフルズのトータスがいた事で有名なカフェです(…なんてミーハーな)
P1000944
おいしいカレーと、名物のチャイ、優しい味のケーキと、何故だか子供のいる楽しい時間を過ごしました(^^)
母性本能300パーセントの友人Aと、ほぼ0(笑)の友人Bと、150%の私。女三人+子供のはずのそこには何故か、おっさんも、母も、姉も、兄もいた気がします。。。(爆)
おっさんの「お」は、おとめ武士の「お」です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪(?)の夜。

P1000901
動物園に行くはずだった今日は、お天気の都合で、大好きな海遊館に変更(^^)
連休に、こうした観光施設に行く事がまず無いので、水槽酔いに加えて人酔い(笑)
でも水族館は大好き♪それも海遊館が一番好き♪なので、しっかり楽しんで帰りました☆
中でも海月が大好き!
P1000931
友人の友人の子供(ややこしい…笑)も一緒の一日だったので、夜はおうちでご飯。
関西ならではの自宅たこ焼きを初体験させて頂きました。おいしかったよ〜(^〜^
その後、四人で地元の温泉施設へ。塩サウナなるものを初体験。びっくりするくらいお肌テュルッテュル☆になり、これまた大満足です。
子供が寝た後は、今夜もディープな夜(笑)
こうして大阪(と思いきや実は尼崎)の夜は更けていく〜〜。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽の塔。

P1000867

観にいってきました。

記憶のどこかで、子供のころ見たことがある気がしていたけど、行ってみたら初めてでした(笑)

後ろの黒い太陽の顔を見れて、なんだか感動。

その後、日本庭園を久しぶりにお散歩♪

人も少なくて、なかなか優雅な休日でした。

夜は友人宅でレンコン海老水餃子鍋☆

今から温泉に行ってきまぁす(^^)

P1000870_1

夕方連れて行ってもらったカフェのオブジェ。

なかなか素敵でした。

明後日はカンテグランデに連れて行ってもらいます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎より。

尼崎は友人宅から更新。

ショボいナビに翻弄されつつも、予想以上に早く着きました。
二時間きっかり、今夜から尼崎です(^^)

明日は太陽の塔を見に行くことに。
わが心の師匠、TAROの想いを肌で感じてきます!

残念ながら、同居中の友人は風邪ひいてダウン。。。(悲)

今夜はネェサンと、濃ゆい夜を過ごします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月ぼけ。

完全に昼夜逆転しております。。パン屋に復帰出来るのか、謎。。。(汗)
時間も曜日も、感覚がありません。危険です。
そんな中、昨日はともちゃん達とりんごジャム作りをしましたよ(^^)
P1000861
びっくりするくらいあったリンゴが、ジャムになってみると意外に少なくて、ちょっとさみしい(笑)
りえちゃんが細めにあく取りしてくれたおかげで、とても美味しく出来たので、お手伝いのお礼にアップルパイを焼きました☆
P1000862
パイを差し入れた二日の夜の月の庭では、大道芸人のボビーさんの新春大道芸も見られて、予期せず正月気分を満喫しました(^^)
今夜は実家へ帰り、お年玉配り。実家のお正月は、親戚が集まって毎年すきやきです。多分私にとっては一年分位の牛肉を、今日一日で食べました(笑)ううーー。胃が重い。。
家路に付くと、行きにはかすんでほとんど見えなかった月が少し明るく晴れて、おおきなワッカがかかっていて、とっても綺麗でした。今日は満月でしたっけ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出。

P1000860
朝暗い時間から、お伊勢参りに行ってきました(^^)
お参りの帰り道に見た初日の出。実は、元旦当日のお伊勢参りは初めてです。
天気予報がうまいこと外れて今日は、快晴の空。
お正月独特のピンと張りつめた空気の中、新しい光を浴びての新年です。
寝ずに家を出たので、10時に家に帰ってから眠り込み、気付けば夕方五時でした(笑)
夜はまたもや楢崎家におよばれ☆
京都のお雑煮は、真っ白でとろりとしていて、実家のお吸い物仕立てのお雑煮とは全く違います。去年のお正月に初めてよばれて、ビックリした。……てことは、去年もお正月は楢崎家にいたんですね(笑)
……来年のお正月は、ここにいない事を願ってるよ(笑)と、言われました。あはは。私もそう願います。。。(^^;)
でもでも、とりあえずまだまだ今年もお世話になりますm(_ _)mこんな私ですが(笑)どうぞよろしくお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます(^^)

P1000858
新年明けましておめでとうございます(^^)
大晦日は、ときさんちで紅白歌合戦を見て、その後岡田夫婦と恒例の年越し参り(布氣神社、忍山神社、亀山神社のはしご…笑)を済ましてきました!
今日はこの後、早朝四時から伊勢神宮に向かいます!(お迎え付き^^)
去年もはしご参りをして、とても良い年だったので、今年もやる気は満々です!!
今年のお願い事は。。。やっぱりあの事に決まってるよね〜☆(^^)♪おほほ。
今年もマイペースに、一歩一歩やっていく所存です。
妥協はしません。よろしくどうぞ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »