« 大人になること。 | トップページ | 幸せの香り。 »

プロフェッショナル

今日NHKのプロフェッショナルという番組を観た。
20世紀少年を描いている、漫画家浦沢直樹氏の特集だった。
あの緻密で深い描写の、おそろしく人間考察された漫画を、どういう人がどうやって作り上げているのか。とても興味深く、久しぶりにテレビに釘付けになってしまった。
浦沢氏はやっぱり熱い人だった。
アンバランスなほど一見穏やかな空気をもっているのに、目はいつも見開いて、一歩先を見ていた。
……かっこよすぎた。その存在に、感動してしまった。
自分の中にあるものを、出したいんじゃない。出さずにはいられないんだと思う。この人がもし出す事を止めてしまったら、きっと自分の熱で、爆発してしまいそうな、噴火前の火山のような、一見穏やかな、そんな熱さを感じた。
ロックな生き方をしている人だった。
自分というものを、強く信じている人だった。
でもそれは、極端なほど、周りを信じていない。期待していない。という事なのかもしれない。
信じられるものは自分だけ。頼れるのも自分だけ。
有名になりすぎた分、作品が魅力的な分、いろんな人が集まって、いろんなものに惑わされ、調和を強いられることも多いだろう。
体を壊しても、どんな想いに取り囲まれても、立ち返る場所は、ただ自分を信じる力。
その生き方を選ぶしか出来なかった人。
その生き方で生きる。と定められた人。
プロフェッショナルであるという事は、ただ仕事を責任を持ってこなせる人。というだけでなく、本気で自分の人生を生きている人の事を言うんだろう。
「これしかできないという自信と、
これしかできないというコンプレックス。
自分が自分でしかないという素晴らしさと悲しさ。」
(ばななブレイク/プロフェッショナルより)
私にこんな背中を見せてくれる人がいるこの時代に、生まれてきて良かったと思う。
同時に、すぐ身近にも、プロフェッショナルに生きる人がたくさんいるのを知っている私は、堂々と彼らと向き合える人生のプロでありたいと思う。

|

« 大人になること。 | トップページ | 幸せの香り。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/5036423

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル:

» No.463:生きる指針 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。アニキの「摂生と精進」は、半端じゃありません。 ?  阪神・金本知憲外野手の血管年齢、成長ホルモン数値は『25歳男性』並みだった。21日、京都府スポーツセンターで最新機器を使った測定で弾き出された数字に、「まだまだ若い選手に負ける気はし... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 05:36

» プロフェッショナルとは? [illustrator 青木 健の【海鷂魚が感傷】]
明日は締切が2つ。 今日はこのまま徹夜だから、ついさっき、 寝室で夜食をとりなが... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 14:32

« 大人になること。 | トップページ | 幸せの香り。 »