« お見舞いに行って来ました。 | トップページ | よしことはなえ。 »

クワイエットルームにようこそ

昨夜レイトショーで。

いやぁ。。面白かったです。
あえて、「面白かった」と言いたい映画。
精神病院が舞台という、重めの内容のはずなのに、松尾スズキさんの持ち味でもあるじわーっと来る笑いのスパイスが絶妙。

重いテーマの映画は、観ながらついいろいろ考えすぎてしまうことが多いんですが、この映画はもっと感覚的に入ってくる感じでした。

で、何が良かったって、クドカンの芝居が最高です!!!!!
今まではどちらかと言うと脚本が好きだったんですが、この役柄にこの役者。スバラシイ!!!
原作でクドカンをイメージして書かれた役「鉄」を、ご当人が演じているので、それはそれはビンゴな配役です。
クドカン観たさにまた映画館に足を運んでしまいそうです。ああ、愛しい人。

蒼井優演じる「ミキ」の陰のある美しさにハッとし、大竹しのぶ演じる「西野」の切れ具合に本気ではらわた煮えくり返りそうになる私(笑)
他にも個性溢れる濃すぎるキャスティングと、重いはずのストーリー。
でも映画を観た後にはなぜか、清々しい気持ちになれるのです。
これを観た多くの人は、普段抱えているもやもやしたものを少しスッキリ出来るのではないかな。そんな風に思います。

DVD、出たら買います。多分。

|

« お見舞いに行って来ました。 | トップページ | よしことはなえ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お見舞いに行って来ました。 | トップページ | よしことはなえ。 »