« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

パンを焼き始めました。すこしづつ。

mixiで日記を読んで頂いている方はご存知だと思いますが、私がパン屋を始める前に働いていた「月の庭」のオーナー、岡田昌さんが一月前から入院しています。
四年前にぼうこう癌が見つかり、ここへ来て急激に体調が不安定になりました。
私は、自分の療養もかねてほぼ毎日、マサルさんの病室にいます。

一人でいられない寂しい者同士、心の弱ったところもあって、そんな風にまるで家族の様に誰かと一緒にいられる事は、自分でも信じられないくらいに気持ちを落ち着かせてくれ、温かくしてくれます。
もちろんマサルさんは寝たきりの事も多く、身の回りの、私の出来る程度のお手伝いはさせてもらっています。かほりさんとまさるさんとわたしと、今まで経験した事の無い貴重な時間が、今の私には、とてもとても大切です。

先週、マサルさんの誕生日に、一ヶ月ぶりにパンを焼きました。
名古屋クアトロで行われる、ソウルフラワーユニオンのライブで、マサルさんが踊るというのです。それも本人の誕生日に。
こんな機会なら焼けるかも。と、ずっとこわくて出来なかったパン作りを、やっとやってみる気になりました。
そんなタイミングで名古屋の大好きな雑貨屋さんが、イベントでパンを売ってみませんか?という、うれしいお話を頂き、少しずつですが、何か、準備が整い始めて来た様な気がしています。

実はマサルさんの誕生日に焼いたパンは、全然思い通りに焼けなくて、自分としては30点の、売り物になんて出来ないパンでした。
でもそれでもマサルさんは、涙を流しながら食べてくれました。
そしてその夜は、ほとんど歩けなかったマサルさんが、ステージで踊る。という奇跡を見ました。

30点のパンしか焼けない今の私です。
イベントの件も、一歩踏み込みきれずにいたのですが、そのステージを見て、すごく勇気がわきました。
今30点でも、それまでに自分の納得できるパンを焼ける様になればいい。

今日は、一週間ぶりにマサルさんが痛みから解放され、食欲も出て来たので、またマサルさんの為にパンを仕込みました。でも今回は、イベント用の試作もかねて。

少しずつですが、足下を一歩ずつ確認しながら、歩いて行けたら良いな。と思っています。
ゆっくり見守っていて頂けたら幸せです。


マサルさんのホームページが有志によって立ち上がりました。
毎日病室にいる私が、日記をレポートさせてもらっています。
http://www.kabukimasazo.net/index.htm
mixiコミュも出来ました。どうぞよろしくお願いします。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3708546

| | コメント (0)

現状報告です。

日記の更新が滞っています。
が、ここ半月程は、いろいろ気付きと感動の日々です。
頭と身体が追いつかなくて、全然更新できないのですが。

さて、パン屋さんのお話をします。
ごめんなさい。
お店の再開まではもう少し時間がかかりそうです。
お任せセットのご注文を頂いているお客様にも、もうしばらくおまち頂く事になりそうです。
メールの返信がなかなかできそうにありませんので、代わってここでお知らせさせて頂く事をお許し下さい。

今更ながら私の体調不良は、心の問題を大きく含んだもののようです。
ほんとうは、ずっと前から解っていたんですが。
自己責任ながら、一旦はひどく痛んだ風になっていましたが、今は大事な人たちや、全ての物ごと、そしてほんの少しのお薬の力を借りて、少しずつ心落ち着けて過ごせる日が増えて来ました。

そしてまた少しずつですが、新しい風が、とてもやさしく吹き始めてきているようで、もう少ししたらそれを気持ちよく感じられる日が来る様な気も、やっとして来ました。

今はそんな感じで、じっくりゆっくり、自分の心と身体と向き合っていたいのです。
もう少しそんな時間を過ごさせていただきたいと思っています。

それでは、また。
今度は天気の良い日にでも。

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »